ハートレスに春は来るのか?

アニメ・映画等の感想や日常をつらつらと。 皆が「泣ける。感動した!!」とか言う作品で「泣けない。感動しなかった。」「は?何が面白かったのこれ?」というハートレスは歓迎しますm(_ _)m

バトルシップ感想 「だが今日じゃない!」

先日、地上波放送していたバトルシップをようやく見ました。
凄い凄すぎるぞ。

ストーリーはテンプレとも言える

「宇宙人が攻めてきたから全力で迎え撃つ」

というものだった。

そして、
「なぜ、宇宙人は近接武器オンリーで白兵戦をするのか?銃は持ってないの?」とか
「ビームは?なんで放物線を描いて回転する砲弾なの?普通に撃てばいいじゃん」とか「そもそもあれだけの技術力あるなら、通信衛星に衝突するはずがない」とか色々あるけど


そんな事はどうでもいい。それほどまでの圧倒的熱量。



前半はいろいろな説明。(主人公とサブ主人公の立ち位置や、主人公の性格とか)

そして後半、なんだかんだで宇宙人が戦艦に乗って攻めてくる。そして、主人公はサブ主人公と協力して3隻の敵宇宙戦艦の内、2隻を破壊する。しかし、同時にこちらの船も全て破壊されてしまう。
残る敵艦は1隻だけ。しかし、こちらにはもう軍艦は残っていない。


途方に暮れる船員たち、そこに

「あれがあるだろ」と指を指す主人公。そこには

戦艦ミズーリが!

観光用として係留されたまま10年以上動いていない記念艦ミズーリが!

しかし、戦艦なんて動かしたことはない。途方に暮れる一行。そこに颯爽と現れるジジイたち。そう彼らはWW2でミズーリに乗っていた船員たちだったのだ。

熱い握手を交わす主人公とジジイ。

そして記念艦ミズーリは人類の為に今一度動き出すのであった。




最後の敵に向かって行く戦艦ミズーリ。しかし、砲塔を横に向けたまま敵に突撃しようとさせる主人公


ナガタ「正気か死ぬ気か?」

主人公「死は避けられない、俺も死ぬしアンタも死ぬ


......だが今日じゃない!



錨をおろし無理やり方向転換、全砲門を敵宇宙戦艦に向けたミズーリ。砲撃の嵐。敵をボッコボコにする。

被弾するも

ジジイ「戦艦が簡単に沈むか!」


そんなこんなで敵艦を撃破し、なんだかんだで世界も救われて、主人公もヒロインの父親に結婚認めてもらえてハッピーエンドというストーリー。


もう、終盤の戦闘、鳥肌立ちっぱなしでヤバイ。最初の2隻の敵軍艦を撃破した時は、戦略を立てて理詰めで攻めていたのに対し、
最後の戦闘はレッツ脳筋スタイル&火力至上主義
これでテンション上がらないのが無理ってもんよ。
終盤なんてアドレナリンがガンガン出てきて、涙まで出た。

この映画のなかでも、
一番好きな演出はミズーリを引っ張り出してくる、「老兵が過去の遺産で最新鋭装備を倒す展開」だった。
唯の老いぼれで終わらせないその気概、脳汁出てくる。


そんな映画でした。いろいろ話に突っ込みどころはあるけど、それを補って余りあるエネルギッシュな作品だった。

広告を非表示にする