ハートレスに春は来るのか?

アニメ・映画等の感想や日常をつらつらと。 皆が「泣ける。感動した!!」とか言う作品で「泣けない。感動しなかった。」「は?何が面白かったのこれ?」というハートレスは歓迎しますm(_ _)m

シンゴジラを見た(ネタバレ有り

f:id:Fujikaze065:20160805225652j:plain

 

巷で話題のシンゴジラを見た。打ちのめされた。すごいものを見た。

 

ひと言で言えば

 

圧倒的な情報の濁流一度では飲み込めない程。

 

「専門用語や会議、なんだかよくわからないけどこれから何かが起きる気がする。」

 

と、観客に錯覚させる。

家族愛や男女愛を排除し、ゴジラ対策を徹底的に2時間描き続けているため、上映中に中だるみすること無く、観客はのめり込み続ける。というよりも、

観客に息をつく(考える)暇を与えない。

 

CGの甘さはあるが、それよりも続きが気になってそれどころではない。

 

徹底的なまでの、”実際にありそうな”会議や作戦展開、政治的駆け引きでリアリティを与え、ゴジラという空想を難なく溶けこませる。

そのおかげで、ゴジラが劇中で宙に浮いた存在になっていないのだ。

 

の映画ではいわゆる愛国者が国のために動くという映画であり、家族や恋人といった描写はほとんど登場しない。

 

アメリカでは毎年と言っていいほど”愛国者”の映画が作られているが、

日本では「国のために何かをする愛国者」がテーマの映画は少ないように感じる。

家族愛や夫婦愛といったものは多いのだが。(昔の映画についてはよく知らない為、最近のものに限る。)

 

その為、受け入れづらいテーマなのかもしれない。人によっては全く受け入れらないという意見を持つかもしれない

 

た、女性(いわゆるステレオタイプの”女性像”)が出てこないという意見もあるが、共感や同調、慣れ合いや包容力なんてものを出していたら、いつになってもゴジラに立ち向かえないだろう。文明の叡智の炎で東京は焼かれていただろう。

 

※ブログ主はそういった型にはめて人間を見ることが嫌いであり、女性を差別する気は毛頭ないし、女性=包容力といった安直な考えは持っていない事をここに記す。

 

 

追記

 

ゴジラは血液循環で冷却を行っているので、血液凝固をすればいい」

 

というのはわかる。

 

だが冷却を止めたが最後、熱の放出が出来ずにオーバーヒート、最悪の場合は爆発なんてこともありえるのでは?

 

劇中で明かされなかったので、謎である。ストーリーの詰めが甘いのでは。

広告を非表示にする